花粉症にはヨーグルトが効果的?薬には頼らず食べ物で和らげる方法



この記事は約 10 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


日本は世界屈伸の花粉症大国として知られており
通年を通して日本各地で様々な花粉が飛散し国民を苦しめています。

 

特に春先から飛散が始まるスギ花粉による花粉症患者数は
1500万人を超えると言われており他の花粉症患者と合わせると
なんと2000万人を超えるそうです。

 

この数値は人口のおよそ25%を占めており
4人に1人が花粉症を患っているということになります。

 

kafunsyo

 

花粉症の症状といえばくしゃみ・はなみず・はなづまり・目のかゆみなどの
アレルギー症状ですが実はこれらの症状を緩和することができる
夢のような食べ物があるのです!

 

それは「ヨーグルト」です。

 

ヨーグルトを食べることによって
本当に花粉症の症状を緩和することができるのか
どの種類のヨーグルトが花粉症に効果的なのか
ヨーグルト以外の食べ物でも花粉症の諸症状を
緩和させることができるのかをご紹介したいと思います。

 

sponsordrink
 

花粉症に効果的なヨーグルトの種類や効果をご紹介!

 

花粉症とは、植物の花粉が原因となり
引き起こるアレルギー性の病気です。

 

人間は花粉が体内に入り込むと異物と判断し
受け入れるべきか否かを判断します。

 

kafun

 

そこで「排除する」となった場合
リンパ球がIgE抗体の生成を開始します。

 

そして再び体内に花粉が侵入すると目や鼻の粘膜にある
脂肪細胞の表面で待機していたIgE抗体と花粉が結合し
肥満細胞からヒスタミンなどの物質が分泌され
花粉を体外へ排出しようと働きます。

 

これが花粉症のメカニズムです。

 

花粉症の症状を少しでも抑えるには
免疫システムを構成している免疫細胞を正常に保ち
アレルギー諸症状を抑制させる必要があります。

 

なかでも腸内には全長の60%から80%の免疫細胞が集まっており
腸内環境を整えることで花粉症の症状が抑えられると言われています。

 

しかし現在様々なヨーグルトが販売されており
どのヨーグルトが花粉症に効果があるのか分かりませんよね。

 

そこで花粉症に効果的なヨーグルトの種類をご紹介します。

 

ただ国内外から数多くのヨーグルトが販売されているため
すべてのヨーグルトをご紹介することができませんので
花粉症に効果的な乳酸菌をご紹介します。

 

花粉症対策にオススメの菌
・フェカリス菌
・KW乳酸菌
・LG21乳酸菌
・L-55乳酸菌
・BB536ビフィズス菌
・1073R-1乳酸菌
・GCL117株
・カゼイ・シロタ株
・LGG菌

 

これらの乳酸菌やビフィズス菌は
免疫細胞を正常に保つ働きがあるため
アレルギー諸症状を緩和させる効果が期待できます。

 

アレルギー諸症状は2つの免疫細胞「Th1細胞」と
「Th2細胞」の調和が乱れると引き起こると言われており
花粉症の方は「Th2細胞」の方が若干多くなっているそうです。

 

なぜTh2細胞が増加してしまうのかの原因は
明らかにされておりませんがおそらく生活習慣や
食生活の乱れによって腸内環境が乱れたことで
バランスが崩壊したのではないかと言われています。

 

特にオススメの乳酸菌やビフィズス菌はBB536やGCL1176株
カゼイ・シロタ株、LGG菌、1073R-1乳酸菌です。

 

ではそれぞれの効果・効能についてご説明します。

 

BB536

花粉症予防と花粉症の症状が現れた際に効果を発揮する菌であり
くしゃみ・鼻水・咳・かゆみなどを抑制する効果が実証されています。

 

GCL1176株

BB536同様でアレルギー諸症状の原因となる
IgE抗体値の上昇を抑制し花粉症の症状を緩和します。

またアトピー性皮膚炎などの改善にも効果が期待されています。

 

カゼイ・シロタ株

免疫システムのバランスを整える働きがあります。

そのためアレルギーの原因となっているTh2細胞を
減少させアレルギー反応自体を穏やかにしてくれるので
根本からの改善が期待されています。

 

LGG菌

他の菌類とは異なり繊毛を持っている珍しい菌です。

そのためLGG菌は他の菌類よりも腸内に長時間留まることができ
主に花粉症による辛い鼻づまりを緩和することができます。

また、アトピー性皮膚炎の改善にも効果が期待されています。

 

1073R-1乳酸菌

免疫細胞を活性化させ体内の免疫バランスを整える働きがあります。

そのためアレルギー諸症状の緩和も期待されています。

 

sponsordrink

 

 

花粉症に効くヨーグルトの食べ方と食べる時間帯について

 

ヨーグルトは花粉症の諸症状を緩和させる効果はありますが
医薬品ではないため即効性はありません。

 

しかし副作用がないので誰でも安心して
摂取することが出来るのが魅力的です。

 

ではヨーグルトで花粉症の諸症状を緩和させるには
どのように食べると効果的なのでしょうか。

 

ヨーグルトといえば多くの方は
砂糖をかけて召し上がるかと思います。

 

しかし甘くておいしいヨーグルトには
砂糖がたっぷり含まれているため
腸内で活躍している善玉菌が減少してしまい
悪玉菌が増殖してしまうというマイナス効果が発生します。

 

もしも花粉症をヨーグルトで改善したいとお考えの方は
無糖タイプのものを選ぶ
ようにしましょう。

 

yoghurt

 

また乳酸菌の大半は腸に届く前に死滅してしまうため
生きた状態で腸までたどり着くことができる
強力な乳酸菌やビフィズス菌が含まれている
ヨーグルトを摂取するようにしましょう。

 

では花粉症を緩和させるためにはいつ頃ヨーグルトを
食べるのがオススメなのでしょうか。

 

ヨーグルトを食べて花粉症を改善させるには
花粉症の症状が出始める数か月前から毎日食後に摂取することです。

 

ヨーグルトに含まれている菌類は
腸内に長時間留まることができません。

 

ですので花粉が飛散する2か月ほど前から
花粉症の諸症状を抑制させることができる
ヨーグルトを毎日摂取しなければ効果は得られません。

 

また菌類を生きたまま腸内へ運ぶためには
食事をした後がオススメです。

 

その理由は空腹状態でヨーグルトを摂取してしまうと
胃酸によって乳酸菌が死滅し生きたまま腸へ
運ぶことが出来なくなってしまう
からです。

 

ヨーグルトが花粉症に良いとはいえ乳製品に
アレルギーを持っている方は
ヨーグルトを食べることができません…。

 

そのためヨーグルト以外で花粉症に効果のある
食べ物についても調べてみました。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です