引越し業者の選び方や費用の相場は?手続きはネットでもできる!?



この記事は約 5 分で読めます。




引越しを決めたらまずは引越し業者を選ばなくてはなりませんが
数ある引越し業者の中からひとつを選ぶのは結構大変なんですよね…。

 

そして引越しが完了した後も各種手続きで大忙し!

 

できればなるべく手間がかからない方法で手続きを済ませたいものです。

 

そこで引越し業者の選び方や費用面に関して
そして引越し後の手続きなどをご紹介します。

 

sponsordrink

 

引越し業者の選び方や費用の相場は?

 

ではまず引越し業者の選び方からみていきましょう。

 

今は便利な時代でネットにて一括で様々な
引越し業者の見積もりを受けることができます。

 

わたしも実際何社か見積もりを取ったのですが
なんと会社によって料金が半額になることも!

 

hikkosi

 

できることなら多くの引越し業者から
見積もりを受けておいたほうが良いです。

 

またいくら安くてもサービスが粗雑だったり対応が悪いこともありますので
しっかり見積もりをしてもらっているときもチェックしてみてください。

 

続いて費用面ですが一年の中で引越しには
オフシーズンとハイシーズンがあります。

 

オフシーズンは5月〜2月と言われており
この時期には引越し費用の相場が低くなる傾向にあります。

 

ハイシーズンになると費用も10,000円ほど高くなってきます。

 

相場としては単身だと近距離で4〜50,000円
長距離で6〜80,000円
です。

 

4人家族だと短距離で6〜80,000円
長距離で9〜170,000円ほど
と開きが出てきます。

 

引越しの手続きは東京電力の引越れんらく帳が便利?

 

東京電力の引越し手続きで非常に便利なものがあります。

 

なんと電気の引越し手続きをする際に住所を
一度入力するだけで水道やガスなどのライフラインや
NHKの住所変更の手続きなども一括でできるというものです。

 

これは引越しれんらく帳というシステムで何度も同じような
連絡をしなくても済むのでとっても助かります!

 

hikkosi

 

他にも一部の新聞だったりクレジットカードだったり
提携している業者がありますので
是非ホームページでチェックをしてみると良いですよ!

 

東京電力の引越しれんらく帳を
詳しく知ることができるホームページはこちらから。

 

お引越し手続きサイト

 

なるべく忙しい引越しの時期に二度手間はかけたくないですよね。
こうしたサービスをどんどん利用していきましょう!

 

sponsordrink

 

郵便物の転送手続きは郵便局に行かなくてもネットでできる?

 

引越しをした後に必ずしておかなければならないことのひとつに
郵便物の転送手続きがあります。

 

引越しした先の新しい住所を知らない人にとっては
古い住所を書いて送ってくることがあります。

 

これを宛先不明にしないために新しい住所に
転送するサービスがこの転送手続きです。

 

でもわざわざ郵便物まで足を運ばないといけないんでしょう?
と面倒に思う人も多いと思います。

 

でも大丈夫!

 

今はネットで古い住所と新しい住所や家族の名前を
入力するだけで簡単に転送手続きができてしまうんです。

 

hikkoshi

 

こちらは本人確認をスマートフォンを用いて
おこなっているのでスマートフォンは必須となります。

 

郵便物の転居・転送届けのネットでの手続きはこちらからお入りください。

 

郵便局のe転居

 

これは引越し前にも手続き可能なので引越し後の
忙しい時におこなわなくても良いのが魅力ですね。

 

家族は1度に6人分までなら登録できますので
一気に済ませちゃいましょう!

 

こうした一見面倒な引越しに関する手続きも
ネットやスマートフォンを利用してササっと済ませられるように
工夫してこなしていってくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です