お盆玉の相場やポチ袋はある?いつあげるもの!?



この記事は約 4 分で読めます。




お年玉の夏バージョンともいえるお盆玉。

 

郵便局やロフトでは専用のポチ袋も
販売されているようです。

 

そんなジワジワと広がるお盆玉について
まとめてみました。

 

sponsordrink
 

お盆玉とは?商標登録されている!?

 

お盆玉とはお年玉の夏バージョンで
お盆で帰省した子どもや孫にあげるもの。

 

2010年からジワジワと広がっています。

 

江戸時代からお盆玉はあったようですが
「お盆玉」という言葉はマルアイという
会社が作った造語で商標登録もされています。

 

お盆玉を作った経緯はやはり孫たちに
お小遣いをあげたい祖父母からの意見。

 

お年玉のような袋がないということが
きっかけだったそうです。

 

そして「お盆玉」という言葉もお年玉を
ヒントにしているようですね。

 

そんなの流行らせたらいけないという意見も
あるようですが2014年には日本郵便でも
販売を開始し更なる広がりが…。

 

数年後にはお年玉のようにお盆玉も
当たり前になっているかもしれませんね…。

 

 

お盆玉の専用ポチ袋はあるの!?

 

ジワジワと広がりつつあるお盆玉。

 

専用のポチ袋もちゃんと販売されています。

 

こんなに可愛らしいポチ袋もあるようですね。

 

obondama

 

これなら小さなお子さんとかも喜びそうだと
思いませんか?

 

お盆玉は子どもや孫だけのものではなく
帰省した際にご両親に渡すのもOKで
こんなポチ袋も。

 

obondama

 

一言メッセージもありお花の模様で
ちょっとオシャレですよね。

 

帰省のたびにもらうだけじゃなくたまには
ご両親にお盆玉を渡してみてはいかがですか?

 

 

sponsordrink

 

 

お盆玉の相場はいくら?いつあげるもの!?

 

お年玉の場合は「年齢÷2×1,000円」が
相場だと言われていますがお盆玉は
いくらぐらいが相場なのでしょう…。

 

お年玉は新年のお祝いということですが
お盆玉はそういうわけではないのでそこまで
多くあげなくても良いかと思います。

 

一般的な金額はこのぐらいですね。

 

・小学生ぐらいなら3,000円
・中学生以上なら5,000円
・大人なら10,000円

 

子どもの場合年が近いと金額によっては
ケンカになることもあるのでみんな同じに
するのもありかもしれませんね。

 

では実際にお盆玉はいつあげるものでしょう…。

 

お盆というのは全国的に8月15日で
一般的にお盆休みは8月12日から16日あたり。

 

そのため帰省するのもその時期ですね。

 

この日にあげなければいけないというのは
ないですが大体このお盆休みにあげるのが
一般的な感じだと思います。

 

 

まとめ

 

ジワジワと広がっているお盆玉ですが
絶対に渡さないといけないものではありません。

 

しかし親戚から子どもがもらった場合は
その親戚の子どもにはお盆玉をあげた方が
良いでしょうね。

 

そして帰省するたびに子どもがお盆玉など
もらっている場合もたまにはご両親に
感謝を込めて渡すのもありだと思います。

 

もう少しでお盆もやってきますので
子どもや孫などにお小遣いを渡そうと
思っているならお盆玉はいかがですか?

 

ポチ袋に入れてあげるときっといつも以上に
喜ぶと思いますよ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です