甘酒のおいしい作り方!ダイエット効果もあり妊婦さんにも良い!?



この記事は約 6 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


最近甘酒があちこちで販売されているのをご存知でしょうか?

 

甘酒というとお正月などや節句などで飲む
酒粕のにおいのする甘酒を思い出しますよね。

 

祖母が大好きで冬になると必ず家で飲んでいます。

 

しかしそんな甘酒には実はダイエット効果があったのです。
そんな甘酒の作り方やダイエット効果のための飲み方
取り入れ方などをご紹介したいと思います.

 

 

甘酒の美味しい作り方と美味しい飲み方

 

amazake
お正月などに飲むアルコールを含む
甘酒の作り方をご紹介しましょう。

 

●材料
・酒粕(小さくちぎる) 100g
・水 400㏄
・砂糖 大さじ3(甘さはお好みで)
・しょうがのしぼり汁 小さじ1程度

 

① 酒粕、水、砂糖を鍋に入れ酒粕が溶けるまで火にかけます。

② しょうがのしぼり汁を入れて完成です!

 

この甘酒を牛乳に加えても良いですし
ココアに混ぜて飲んでも美味しく飲めます。

 

テレビでも紹介されたことがありますが
豆乳と混ぜてもとても美味しく飲めるんです!

 

甘さは自分の好みで変えることができるため
カロリーが気になる人は砂糖を減らしても良いでしょう。

 

お正月や節句の時などにぜひ自宅で甘酒を作ってみませんか?

 

sponsordrink

 

 

甘酒は妊婦さんが飲んでも大丈夫!?

 

甘酒には先ほどご紹介した酒粕から作る
アルコール分を含む甘酒ともうひとつ
米麹から作るノンアルコールの甘酒があるのです。

 

米麹の甘酒は「飲む点滴」と言われ昔から
身体に良いと言われている飲み物です。

 

ビタミンや必須アミノ酸が豊富に含まれていて
疲労回復に効果がありまた便通なども良くなり
美容効果もあります。

 

ninpu

 

アルコール分がないため妊婦さんや
小さいお子様にも安心の飲み物です。

 

発酵が必要なため作るのには時間が多少かかりますが
手作りだと市販のものと違い加熱殺菌されないため
栄養価が満点の甘酒になるのです。

 

そんな甘酒の作り方をご紹介しましょう!

 

●材料
・米麹 400g
・お湯(60℃程度)
・米麹の2~3倍量

 

① 米麹を炊飯器に入れる

② お湯を入れてよくかき混ぜる

③ 布巾をかけて保温ボタンを押し4時間ほど置く(※ふたは閉めない!)

 

これで完成です!

 

ヨーグルトに砂糖代わりとして甘酒を混ぜても美味しいですよ。

 

私は牛乳に混ぜて子どもと一緒に毎日飲んでいます。

 

妊婦さんが飲んでもよくいろいろな効果がある甘酒。

 

実はダイエット効果もあるんです。

 

そんな甘酒のダイエット効果について
お伝えしたいと思います。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です