ボジョレーヌーボーの解禁日や飲み方そして値段はいくら!?



この記事は約 4 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


11月といえばボジョレーヌーボーですが
解禁日の由来はご存知ですか?

 

飲み方や賞味期限についても調べてみました。

 

sponsordrink
 

ボジョレーヌーボーの解禁日の由来は!?

 

ボジョレーヌーボーの解禁日といえば毎年
11の第3木曜日です。

 

もともとボジョレーヌーボーの解禁日は
11月11日でした。

 

11月11日は聖マルティヌスの日とか
サン・マルタンの日なんて呼ばれていますが
収穫祭が行われる日で冬の始まりの日とされています。

 

この聖人の日はボージョレ地区で最も収穫の早い
ワインと同じ時期だったことから11月11日に。

 

聖人の日なら縁起も良いってことでその日にしたようですが
しかしサン・マルタンの日が無名戦士の日に変更されてしまい
一番近い聖人の日が11月15日だったため解禁日を移したようです。

 

ちなみに11月15日はサン・タルベールの日です。

 

しかし解禁日を固定してしまうと年によっては
土曜日や日曜日になってしまいます。

 

フランスでは日曜日はほとんどのワインショップがお休みで
早出しをして品質の低下を防ぐために11月の第3木曜日に
設定をしたそうですよ。

 

これなら品質の低下も防げますし売れ行きに大きな
影響を与えることもなくなりますね。

 

ちなみにボジョレーヌーボーにもおいしい飲み方や
賞味期限もあるそうです。

 

さらにお値段はどのくらいなのかまとめてみました。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です