夏のエアコン電気代や計算方法は?つけっぱなしの方が安い!



この記事は約 3 分で読めます。




毎日蒸し暑い日が続きクーラーなしでは
いられない感じが続いていますが
気になるのは電気代ですよね…。

 

電気代を節約し涼しく過ごすには
どうしたらいいのでしょうか…。

 

sponsordrink
 

夏のエアコン電気代や計算方法は!?

 

夏になると35℃以上の日や地域もあり
クーラーに頼ることも多くなりますね…。

 

そんな夏のエアコン代ですがどのぐらいか
気になるところですよね…。

 

そこで電気代の計算方法をまとめてみました。

 

消費電力×使用時間×1時間当たりの電気代

 

上記式で電気代は求められますが消費電力や
1時間当たりの電気代って?って感じですね。

 

消費電力はエアコンの機種によって違い
基本的にはエアコンの説明書に記載されています。

 

ですが説明書をなくしてしまった方や
説明書を見るのが面倒という人は下記を
参考にしてみてください。

 

・6畳用エアコン…消費電力約500W
・8畳用エアコン…消費電力約580W
・12畳用エアコン…消費電力約1.3kW

 

そして1時間当たりの電気代ですが東京電力で
1W当たり0.02591円になるそうです。

 

なので6畳用のエアコンを1時間つけると
500W×1時間×0.02591=12.95になり
13円ほどの電気代となるわけです。

 

24時間つけていても310.9円なので
そんなには高くないですね。

 

ただこれはあくまで目安なので正確な金額は
お使いのエアコンの機種や電力会社で
電気料金を調べてみてください。

 

sponsordrink

 

 

夏のエアコンはつけっぱなしの方が安い!?

 

エアコンを1日つけっぱなしにした場合
だいたい1日311円ほどかかる感じですが
つけたり消したりする場合はどうなのでしょう…。

 

よく電気代がもったいないからとお部屋が
冷えたら消し暑くなったらつける方がいます。

 

ずっとつけているのがもったいないという
ことからなんでしょうが実は電気代は逆に
高くなってしまうようです…。

 

というのもエアコンは電源を入れた直後が
1番電気の消費が多いそうなんです。

 

なので1番電気代を抑える方法としては
設定温度を高めにして扇風機で冷たい風を
拡散するのが良いようです。

 

この方法なら寝苦しい夜も快適に朝まで
眠り続けることができると思いますよ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です