キャラメル玉ねぎのレシピは?オイシックスでもおすすめの食べ方とは



この記事は約 6 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


 

sponsordrink

 

キャラメル玉ねぎのレシピは!?

 

キャラメル玉ねぎは火の通りも早くて甘みの多い玉ねぎ。

 

キャラメル色の玉ねぎを作るのにオススメな玉ねぎなので
カレーや肉じゃが、シチューなどに使うと良いようです。

 

そこでキャラメル色の玉ねぎを使ったレシピを
いくつか見つけましたのでキャラメル玉ねぎで
試していただければと思います。

 

redwinecurry

あめ色玉ねぎの赤ワインカレー

 

ちょっと高級な感じの赤ワインカレーなんていかがですか?

 

しかもこちらはワインレストランのドミナスで
〆のカレーだそうですよ。

 

本格的な味をご自宅で食べるのも良いですね。

 

hamburg

あめ色玉ねぎのふっくらハンバーグ

 

こちらもドミナスで出されているハンバーグのレシピです。

 

ハンバーグも玉ねぎは炒めたものを使った方が
おいしいと言われていますしピッタリな感じですね。

 

puree

あめ色玉ねぎのピューレ

 

こちらは料理の主役ではないのですがいろいろな料理に使える
ソースを見つけました。

 

冷凍しておくこともできるのでちょっとした料理に
ソースとして使うといいかもしれません。

 

tamanegi

飴色玉ねぎのドレッシング

 

こちらも料理のメインではありませんが
料理にはサラダがつきものですよね。

 

そんなサラダのドレッシングにどうですか?

 

玉ねぎドレッシングっていろいろ販売されていますが
キャラメル玉ねぎを使った味はまた一味違います。

 

簡単に作れるレシピなのでいつもと違った
ドレッシングを使いたいときにもぴったりです。

 

sponsordrink

 

 

キャラメル色にする上手な炒め方は!?

 

キャラメル色の玉ねぎを作るときはとにかくひたすら
焼き続けるというイメージだと思いますが
他の料理をしながら簡単に作れます。

 

tamanegi

 

作るときのポイントは油で玉ねぎをコーティングし
水分を飛ばすように焼いて炒めることですね。

 

油でコーティングしてあげなければ
焦げた感じの玉ねぎになってしまいます。

 

キャラメル色にするやり方ですが玉ねぎは
1mm以下の薄切りにした方が時間も短縮され
早くにキャラメル色にすることができるでしょう。

 

ハンバーグに使う場合などはみじん切りの方が
おススメですね。

 

そしてオリーブオイルを熱して更にバターを
溶かしていきます。

 

次に玉ねぎを入れて玉ねぎの量が半分以下になるまで
弱めの火で焼いていきます。

 

その後は玉ねぎに焦げ目をつけるような感じで
鍋全体に広げて焦げ目を作りまた混ぜ合わせて
焦げ目を作っていく感じで玉ねぎがキャラメル色になるまで
行う感じで大体40分から60分ぐらいすると
キャラメル玉ねぎの完成です。

 

ずっと混ぜていないといけないわけではないので
他の料理をしながら混ぜる感じでOKです。

 

 

まとめ

 

キャラメル色の玉ねぎの作り方も紹介しましたが
実際にはキャラメル玉ねぎは火の通りが早いそうなので
普通の玉ねぎよりも早くに作ることができると思います。

 

また甘さも普通の玉ねぎとは比べ物にならないほど
甘いということなのでその玉ねぎでキャラメル色まで
焼いていけばさらにおいしくなるでしょうね。

 

私もそうですが多くの家庭では玉ねぎは毎日のように
使う食材だと思うので甘くておいしい玉ねぎで
いつものメニューを作って味比べしてほしいですね。

 

return

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください