病児保育やフローレンスとは?料金はどのくらいするの!?



この記事は約 4 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


 

sponsordrink

 

病児保育とフローレンスの違いは!?

 

全国に病児保育がありますがその中でも
フローレンスはちょっと違います。

 

私も子どもがおり仕事が休みずらい環境で
病児保育について調べたことがあります。

 

でも普通の病児保育って不便なところがあり
それに比べフローレンスは仕事をしている
ママさんのことを考えたところだと思いました。

 

 

通常の病児保育とは?

 

基本保育時間:9:00~17:00(1日2,500円)
延長保育時間:8:00~9:00/17:00~18:00(30分550円)
昼  食 :1食500円
お や つ :1回100円
紙おむつ :1枚50円
ミ ル ク :1本50円
利用年齢 :生後57日目~小学3年生まで

 

料金や保育時間など保育室により前後しますが
病児保育を利用するには原則前日予約です。

 

また病院に受診し指定の書類に診療情報を
書いてもらわないといけません。

 

そして病児保育室に預ける感じですが
定員数がかなり少ないです…。

 

しかも感染症や隔離の必要性があると
定員数を変更する場合もあるようです…。

 

sponsordrink

 

 

フローレンスとは!?

 

基本保育時間:8:00~18:30(1時間2,000円)
延長保育時間:7:30~8:00/18:30~20:00(1時間2,000円)
利用年齢 :生後6ヶ月~小学6年生まで

 

フローレンスは通常の病児保育と違い
月会費もあったりしてちょっと割高です。

 

しかしその分働くママにとって嬉しいところも。

 

それは当日の朝8時までの予約なら100%対応で
病院での診療情報を書いてもらわなくても
大丈夫な感じです。

 

というよりもかかりつけの小児科に
受診代行してくれたり提携の医師の往診も
可能になっています。

 

1番嬉しいのは保育園へのかけつけも
対応してくれることです。

 

 

まとめ

 

通常の病児保育とフローレンスの違いは
他に自宅型の保育なところですね。

 

自宅でゆっくり過ごせるので治りも早く
また他の子もいないので二次感染の心配も
いらないですね。

 

とっても良い感じのフローレンスですが
1つだけ残念なことが…。

 

それは対象エリアが限られていること…。

 

現在は限られた地域の1部のみなので
更なる拡大を期待したいところですね。

 

return

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください