インフルエンザに赤ちゃんがなったらタミフル?うつされない方法は?



この記事は約 9 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3


寒くなり冬が近づいてくるとインフルエンザが
心配になってくるのではないでしょうか?

 

大人でもインフルエンザになると高熱が出て
関節が痛くなりとても辛いです。

 

それが赤ちゃんだともっと辛くて苦しくて
お母さんは心配で心配でしょうがなくなってしまいますね。

 

そこで赤ちゃんがインフルエンザになってしまった時の
症状やタミフルは飲めるのかまた赤ちゃんに
インフルエンザをうつさずお母さんや家族が
うつされないためにはどうしたらいいのかを
まとめてみました。

 

sponsordrink
 

インフルエンザの赤ちゃんの症状は?

 

インフルエンザになってしまう原因としては
飛沫感染と接触感染があります。

 

飛沫感染というのはインフルエンザ感染者の咳やくしゃみを
感染してない人が吸い込み体内に入ってしまい
感染してしまう事を言います。

 

influenza

引用元:http://oreno-torendo.com/1696.html

 

接触感染というのはインフルエンザ感染者の
触れたものに付いたインフルエンザウイルスを
間接的に触ってしまい感染してしまう事を言います。

 

どちらにしても人込みでは誰がインフルエンザに
かかっているかわかりませんが感染する確率が
高くなってしまいます。

 

なるべくなら赤ちゃんを連れての外出は避けたいものです。

 

しかしそういうわけにもいかないので外出から帰った際は
十分な手洗い・うがいをしましょう。

 

インフルエンザには3種類あってそれぞれで症状が違ってきます。

 

しかも1回かかったからといってもうかからないというわけではなく
別の型のインフルエンザにかかってしまう事もあります。

 

インフルエンザにはA型・B型・C型の3種類があり
A型とB型は毎年流行ってますね。

 

A型はウイルスの型が少しずつ変化していくので
1番感染しやすい感じです。

 

またB型は感染力は強いですがウイルスの型が
変化することがありませんのでA型ほどではありません。

 

そしてC型はだいたいの人が赤ちゃんのときに感染して
免疫があることがほとんどです。

 

ではそれぞれ赤ちゃんがかかってしまったときの
症状を説明していきたいと思います。

 

A型の場合は急に38~40度の高熱が出ます。

 

そして筋肉痛や関節痛、頭痛も同時に出てきます。

 

しかし赤ちゃんの場合は「痛い」と言えないので
機嫌が悪くグッタリしてしまいます。

 

呼吸器系の合併症やインフルエンザ脳炎の危険もあります。

 

B型の場合は発熱はしますがA型ほどの高熱は出ません。

 

しかし発熱した場合A型よりも熱が下がるのに
時間がかかるようです。

 

腹痛や下痢などの消化器系の症状も一緒に出やすいです。

 

C型の場合はほとんど症状が出ません。

 

ちょっと風邪ひいたのかな?と思う程度でA型やB型のように
わかりやすい症状が出ずにすぐに治ってしまっています。

 

そして1度かかると免疫ができるので
またかかることはありません。

 

やはりA型やB型が感染しやすく症状も重くなりやすいです。

 

ちょっとでもいつもと違うな?と思ったらすぐに
病院に連れていってあげて下さい。

 

赤ちゃんのためにも早めの受診が大切です。

 

赤ちゃんがインフルエンザになってしまった場合には
タミフルを使うのでしょうか…。

 

また赤ちゃんにインフルエンザをうつさないようにするには
どうすればいいのでしょうか…。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です