節分の豆まきのやり方や由来と意味は?マンションはどうする?



この記事は約 8 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


日本では立春を迎える前日に節分の行事が行われ
各地の神社などで盛大に豆まきが行われます。

 

節分といえば鬼に扮したパパやママに向かって
「鬼は外、福は内」と大きな掛け声と共に炒った豆を撒くのですが
なぜ節分に豆を撒くようになったのかご存知ですか?

 

節分の豆まきの由来や意味をご紹介すると共に
正しい豆まきのやり方やアパートやマンションに住んでいる方に
オススメの豆まきの方法をご紹介します。

 

sponsordrink
 

節分の豆まきの由来や意味とは?

 

節分とは雑節の1つでそれぞれの季節の始まる
立春・立夏・立秋・立冬の前日の日のことです。

 

かつては年に4度あった節分ですが日本では古くから1年の始まりを
「春」としてたいへん重要視されていたため他の季節にあった
節分は姿を消し今では立春の前日の節分のみとなりました。

 

節分の豆まきには邪気を祓い清める効果があり
その年1年の運気向上や幸運を招き入れるための
おめでたい行事と言われており神社によっては
「節分祭追儺神事」として除災招福・万民和楽を祈り
毎年2月3日の節分の日に行われています。

 

なぜ節分の日に豆まきを行うようになったのでしょうか。

 

日本では古くから季節の変わり目になると
鬼がやってくると考えらえておりその鬼を
追い払うために行う悪霊払いが豆まきなのです。

 

節分の豆まきにはある云い伝えがあるのを皆さんご存知ですか?

 

oni

 

平安時代の初めの宇多天皇の時代京都府にある鞍馬山に
鬼が現れ都を荒らしていました。

 

そこでこの鬼を退治するために祈祷をし
鬼の穴を封じるために三石三升の炒った豆を
鬼の目めがけて投げつけ打ちつぶし災厄を逃れたそうです。

 

豆は昔から生命力と魔除けの呪力が備わっていると
言われており「魔目」と呼ばれていました。

 

そんな豆を鬼の目に投げつけて
鬼を滅する「魔滅」と呼ばれるようになり
鬼に豆をぶつけると邪気が払われ
その年1年間の無病息災を願うことができる

言われるようになりました。

 

そして今でも節分の日に豆を撒くという風習が残っており
日本各地で2月3日の節分の日には豆まきを行うようになりました。

 

sponsordrink

 

 

節分の豆まきの正しいやり方とは?

 

節分の豆まきの由来や意味が分かると
豆まきを行う際の心構えがガラリと変わり
今年は正しいやり方で豆まきを行おうと
思われた方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし豆まきのやり方はお住いの地域によって
方法が異なるため古くから行われている
一般的な豆まきのやり方をご紹介します。

 

正しい豆まきのやり方

●材料
・大豆
・枡

①節分の前日にスーパーやデパートで購入した生の大豆を炒っておき
枡に入れて神棚もしくは高い場所に御供えし鬼を祓うパワーを神様から頂きます。

②節分の日の夜に前日から神棚に御供えしていた炒り豆を
家長(世帯主)・年男・年女の方に渡します。

③奥の部屋から順番に「鬼は外、福は内」と掛け声を掛けながら豆を撒いてゆきます。
※方角にこだわる場合は、鬼がやってくる鬼門の方角から順に豆を撒きましょう。
ちなみに鬼門の方角は「北東」になりますので北東⇒南東⇒南西⇒北西の順に豆を撒きましょう。

④豆まきが完了したら、数え年の分だけ豆を食べます。
※数え年とは、現在の年齢に+1したものです。

 

ですので10歳の子どもは豆を11個
15歳ならば16個食べると縁起が良いと言われています。

 

正しい豆まきのやり方をご紹介させて頂きましたが
強い四股を踏むことができる相撲力士を節分祭追儺神事に招き
凶悪な鬼たちを踏みつけて鎮め神様の力が宿った豆を投げつけて
鬼退治を行う神社仏閣もあります。

 

osumosan

 

しかし最近の豆まきではパパが鬼の役を演じているため
子どもたちが主役の行事となっております。

 

また投げる豆も既に炒った状態の豆がスーパーや
デパートなどで「福豆」として販売されています。

 

そのため誰でも気軽に豆まきが行えるようになりました。

 

ですがアパートやマンションの場合は近隣に迷惑をかけないように
工夫が必要なためアパートやマンションでの豆まきのやり方を
ご紹介したいと思います。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です