ネオ病院食がミクニマンスールで食べられる?進化した病院食とは?



この記事は約 6 分で読めます。



PAGE 1 PAGE 2


一流シェフである三國シェフがプロデュースする
ネオ病院食が沸騰ワード10で紹介されました。

 

フランス料理なのに低カロリーで低糖質で
しかも病院食とは思えないメニューばかりです。

 

sponsordrink
 

進化した病院食・ネオ病院食とは!?

 

沸騰ワード10で紹介されたネオ病院食。

 

フランス料理シェフである三國清三さんが
病院給食として業務指導の契約を結び
実現した入院患者のための食事です。

mikuni

 

フランス料理のシェフということでメニューは
ご想像通りフランス料理です。

 

病院食と言えば管理栄養士が病状や症状に合わせ
制限している食事ってこともあり味気ないのが一般的。

 

豪華なイメージのフランス料理なんて
普通ならありえないのが病院食です。

 

ですが三國シェフはきちんと病状や症状に合わせ
更には低カロリーで低糖質な料理を実現。

 

見た目も美しくそしておいしく体にも良い
そんなマンスール食を病院食として提供しています。

 

ちなみにマンスール食とは美しく、おいしく、
心と体に優しい料理というを意味しているそうです。

 

病院に入院していると楽しみと言ったら食事ぐらいです。

 

病院食だから仕方がないとはいえ見た目もそして
味も微妙だとしたら体に優しくても
心には優しくないですよね。

 

ちなみにこのマンスール食は病院食としてだけでなく
病院内のレストランとしても提供しているので
入院患者でなくても食べることができます。

 

病院の情報やレストランの営業時間やメニューなど
こちらについても調べてみました。

 

button

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です