入力禁止文字で国税調査のインターネット回答ができない!?



この記事は約 3 分で読めます。




国税調査といえば2015年よりインターネット回答が
できるようになっています。

 

しかしインターネット回答はいろいろな問題が
発生しているようです…。

 

ツイッターではかなり話題になっていますよ。

 

sponsordrink
 

国税調査のインターネット回答は問題ばかり!?

 

2015年より国税調査のインターネット回答が始まりました。

 

インターネット回答が始まったことで
調査員が自宅にやってくることもなくなり
またインターネット上で簡単に回答ができると
効率化を考えて始められたものです。

 

インターネット回答が始まってみると
問題が続出しているようです…。

 

先日も国税調査偽サイトが見つかり
インターネット回答は危険だと話題になったばかり。

 

arrow国税調査のインターネット回答は危険?

 

またIDやパスワードを入力しているのにログインできない
パスワードを忘れてしまったという人もいるようですね…。

 

それ以外にもパスワードが入った封筒を郵便受けに
そのまま入れているということもあったようです。

 

パスワードが入った封筒は調査員が説明をしてから
直接渡すことになっているという理由から封をしておらず
郵便受けにそのまま入れられれば封をしていないため
悪用されるといったこともあるでしょう…。

 

そんなこともあり国税調査のインターネット回答は
いろいろと問題が多発しているようです…。

 

sponsordrink

 

 

入力禁止文字で国税調査のインターネット回答ができない!?

 

何かと問題が多い国税調査のインターネット回答。

 

今度は登録画面で使用不可文字が含まれていると
エラーが出ると話題になっています。

 

スペースや特殊文字(*、/、¥、&、”、’など)なら
わかりますがそのような文字ではなく名前の入力で
エラーになってしまうというもの…。

 

しかもそのエラーメッセージが下記のようなメッセージ。

 

『入力禁止文字を入力しないでください』

 

戸籍上のきちんとした名前なのにエラーになることも
納得がいかないようですが見下した感じのメッセージで
もっとほかの言い方はないのかという意見が…。

 

それ以外にも性別で男と女しか選択肢がないことも
問題にしている方もいるようです。

 

便利になる反面批判の声も多いようですね…。

 

ただこれからはマイナンバーも導入されるようですし
国税調査もマイナンバーと連携しIDやパスワードの
紙が配布されることや名前や性別の入力も
なくなっていくかもしれませんね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsumairuseikatsuをフォローしよう!

sponsordrink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です